はてなブックマークに追加

管理編集部

Yahoo検索のSSL(HTTPS)化によるキーワード戦略への影響

8月18日に、yahooが、検索結果をSSL化することを発表しました。
これによって、今まで取得できていたyahooの検索ワードを把握することができなくなります。
ここ近年、良質なコンテンツを作ることがGoogleから高い評価を受ける為に重要となっておりますが、
コンテンツを作る際に意識することの一つが、キーワードの選定と、そのキーワードに沿った内容で質の高いコンテンツを作成することだと思います。
その為、検索キーワードが分らなくなることは、SEO対策でコンテンツ作りをしている方にとって影響が大きいと思います。
googleは、すでにSSL化をしていますが、googleのsearch consoleで検索キーワードを見ることができます。
yahooでも、同じようなツールがあればいいのですが、今のところそのようなツールの発表はありません

そのため、今後はgoogleのsearch consoleで検索キーワードを把握していくことが重要だと思います。
yahooの順位は、googleのアルゴリズムを導入していますので、ほとんど順位に変わりはありません。
その為、ここで把握できるキーワードで対策をすれば、yahoo検索に対しても対策はできるのではないかと思います。




また、search consoleの検索アナリティクスを参考にするのと同時に、

サイトの特性やコンセプトをしっかり把握して、ユーザーがどのワードで流入してくるか想定することが非常に大事だと思います。

その際に「ウチのサイトはこのワードで入ってくるから、このワードで対策すれば大丈夫」と決めつけてしまうことにならないようにしましょう。

全てのユーザーが、同じキーワードから流入してくるということはありません。ですので、様々なワードの組み合わせなど細かいキーワードを対策できるようにしていきましょう。


もし、データが必要なのであれば、例えば会員制のサイトで、利用しているユーザーに対して、検索からの訪問の場合にどのワードでサイトに入ってきたのかアンケートを取るのもいいかもしれません。(実際に弊社ではそのようなアンケートを行ったことがあります。)

意外と、全く想定していなかったワードが見つかるかもしれません。


とにかく、キーワード選定に関しては色々なワードを組み合わせて想定してみましょう。

細かいキーワードの方がセッションは少ないかもしれませんが、コンバージョンに繋がりやすいかと思います。




















Yahoo検索のSSL(HTTPS)化によるキーワード戦略への影響

はてなブックマークに追加