はてなブックマークに追加

管理編集部

【SEO】直近で起こった2つのアップデート

 1.モバイルフレンドリーアップデートについて

4月21日に、Googleは世界同時にモバイルフレンドリーアップデートを行いました。


前回の「絶対やってはいけないSEO」でも最後に触れていたようですが、今回はそのアップデートの概要と当社の保有サイトはどうだったのか書いていきたいと思います。


まず、モバイルフレンドリーアップデートとは何か、ですが、これはモバイルでの検索結果において、そのサイトがスマートフォン等モバイルに対応しているか否かで順位に大きな影響を与えるアルゴリズムの更新のことを言います。

モバイルフレンドリーだと認められれば、順位は今までと同じ評価で決定し、モバイルフレンドリーでなければ、モバイルの検索結果に限り、大きく順位が下落する可能性があります。モバイルフレンドリーであるかどうかはGoogleが提供しているモバイルフレンドリーテストツールでチェックできます。こちらを合格をしていれば順位の影響は問題ありません。

まだチェックされていない方は、こちらから確認してみてください。

他には、検索結果にスマホ対応と記載がされているサイトはモバイルフレンドリーであると判別することができます。



それでは、実際にモバイルフレンドリーアップデートはどれほどの影響を与えたのでしょうか。

世間では、順位の大幅な変動を認識したという人は殆どいなかったようです。

Googleによると、ほとんどのスマホに対応していなかったサイトが、今回のアップデートが行われる前にスマホ対応を実施したことによって、アップデート自体の影響は少なかったと発言しています。

しかし、Googleの狙いは、従来のスマホ利用者増加に伴い、スマホ対応のサイトを増やすことだったかと思います。アップデートによる影響が小さかったのでインパクトはなかったものの、スマホサイトは大幅に増加したのでGoogleの狙い通りの結果となったのかもしれません。

当社は、実はBtoB向けのモバイルフレンドリーに対応していないサイトを保有しています。まだ新しいサイトで、順位も安定していないサイトです。

今回のアップデートで、当社の誰もが大幅な順位の下落を予想していましたが、予想に反して全く順位に変動がありませんでした。それどころか、じわりじわりと順位が上昇しているように見えます。


なぜこのような状況になっているのでしょうか。


SEOに関するブログを見ていると、モバイル対応していないのにも関わらず、順位は落ちていないという報告をしているサイトを多く見受けられます。

GoogleWEBマスター向け公式ブログによると、モバイルフレンドリーでなくても、クオリティが高いコンテンツが掲載されているサイトページは、関連の強いクエリでは上位に表示される可能性が高いと書かれています。

モバイルフレンドリーであるかどうかだけで評価が決まることは決してないということでしょう。

そして、Googleによると、モバイルフレンドリーアップデート自体は5月の初めごろに完了し、それ以降インデックスが進んでいるとのことです。

さすがにインデックスも完了しているかと思われるのでどうやら本当に何も影響を受けずに終わったようです。


今後も引き続きアップデートがあるでしょうから、急に落ちることがあるかもしれません。もし急な下落があれば、スマホ対応を進めてその結果どうなるかを検証していきたいと思います。


2.「GW明けの衝撃!!」クオリティアップデートについて

GWが明け、久しぶりにオフィスに出社した私ですが、出社してすぐに行った順位チェックで大きな衝撃を受けました。

なんと当社のクライアント様が保有するサイトの順位が突然下落していたのです。

Google検索で9位や10位、良い時で6位だったサイトの順位が、14位ほどに下がっていたのです。


やはり14位となると2ページ目になりますので、かなり厳しい・・・せめて5位以内に入りたいのにと思っていたので、これは衝撃的、というよりはショッキングな出来事でした。


当初、パンダアップデートなどが行われとのでは・・という噂がありましたが、Googleはそれを否定していました。

そして5月の中旬に入って、コンテンツの品質を評価するアルゴリズムが改良されたことを認めました。パンダアップデートのようなスパムに関連するアップデートではないですが、非常に重要なアルゴリズムの改良だったのではないでしょうか。

SEOメディアでは、今回のアップデートを「クオリティアップデート」と呼んでいます。

名前の通り、コンテンツの品質の評価のアルゴリズムのアップデートで、アップデートされた評価の内容として想定された項目が、海外SEO情報ブログでまとめられていたので引用します。


引用:Google、コンテンツ品質に関わる「クオリティ アップデート」を5月初めに実施済み | 海外SEO情報ブログ




当社のクライアント様のサイトも、これに当てはまるんじゃないだろうか。というわけでサイトを改めて確認してみることにしました。

確認してみると、上記の項目とは完全に一致しませんがサイト内でいくつか重複しているコンテンツが見つかりました。

元々SEOとしては良くないものが結構ありました・・・

コンテンツの重複は、自サイトと他サイトだけでなく、自サイト内でも重複とみなされます。

おそらくこれが原因だろうという事で、すぐにこのコンテンツを削除することになりました。

今後は経過を確認して報告していきたいと思います。

やはり今のSEOのポイントはいかにページ内のコンテンツの質を高めるかという事だと思います。

質の高いコンテンツを作ることは、決して簡単なことではありませんが、

順位を上昇させるためには欠かせないこととなっているようです。





【SEO】直近で起こった2つのアップデート

はてなブックマークに追加